« 心の花 | トップページ | 僕には君が »

色々

色とりどりのおはじき

形も色もそれぞれ、一つとして同じ物はない
人の手で創られた物であるから

人が加えた物ならば、同じ事はない
色々な人と接する時、すべて同じ態度を取るだろうか
否、多少替えたりし全く同じ、という事はありない

人には感情や想いがある
誰にも同じ感情を、という訳にはいかないのだ
それは誰しもいえる事であり自分だけが、と思わなくていいのである
一つの事でも、思った事が必ずしも相手も思っていると思わなくていい
相手へ訊く事が、大事なのである

人は理性という機械で動いている物ではない
感情、想いで動いている者ではないか
想いを潰さずに、怖がらずに、接してみてはどうだろうか
人が創る物はとても繊細で、とても親しみを感じる物
人と人との繋がりも、とても繊細で壊れやすい
修復は困難ではあるが、修復は不可能ではない

人が作り上げた物だから
創る物が人ならば、壊す物もまた人、直す物もまた人である

人が創る物は、一つとして同じ物はない
違っていて、当たり前なのである

|

« 心の花 | トップページ | 僕には君が »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の花 | トップページ | 僕には君が »