« 月蝕 | トップページ | 弱音 »

黄金色

くるくる散る手のひら
さよならをしているように

はらはらと落ちる銀杏
頬を伝う涙のように

季節が何度訪れても
あの季節が戻ってくる事はない

くるくると踊る葉のように
心弾んだあの笑顔の日々は

もう色褪せる

|

« 月蝕 | トップページ | 弱音 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月蝕 | トップページ | 弱音 »